バナー

貸工場を借りる際の注意点

工場を丸ごと建設するのに比べ、はるかに安い費用と手続きの少なさで始められる工場レンタル。

しかし、そんな貸工場にも欠点や注意すべき点は存在します。



ではどのような欠点やデメリットがあり、どんなことに気を付けて借りれば良いのでしょうか。

まず貸工場の特徴として「土地利用権取得の作業にかかる手間を大きく省くことができる」という点が挙げられます。
普通は開発区へ出向いて業務内容や操業時間、周囲への影響の大きさやPPP(汚染事業者被害補償負担原則)に関わることを説明します。それから様々な検討会が重ねられ、認められたらやっと用地候補地紹介となるのです。


貸工場はこの作業をすべて用地保有者に任せるために、その土地について詳しく知らなくても契約が成立してしまいます。

万一相手方が不正を行っており、本当の土地所有者の許可を得ずに賃貸契約を結んだ場合は責任を借主が負わなければなりません。


この不透明さこそが最大の欠点だと言えるでしょう。

効率がいい埼玉の貸工場の知識を増やしてみませんか。

また、土地利権そのものには問題がなかったとしても建物の老朽化が進んでいたり、メンテナンス不足で思わぬところの不具合が修理されずに放置されている可能性があります。

この場合も被害を被るのは借主であり、万一従業員が被害にあった場合は建物補修と損害賠償の二重で負担がのしかかります。

いくら保険がおりるといっても大きな打撃であることに変わりはありません。

ロケットニュース24関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

貸工場を借りる際は必ず相談を行い、専門家の立ち会いのもとで調査や契約を行うのが大切であると言えます。